精神生理性不眠症とは

精神生理性不眠症は、不眠症の中でも最もよくあるもので、
慢性不眠症の約2割を占めていると言われています。

 

「眠れなかったらどうしよう」
と不安になって眠れなくなったという経験をしたことがありますか。

 

このような不安と緊張によって起こる不眠症を
「精神生理性不眠症」と言います。

 

緊張して眠れない、心配事があって眠れない
という一過性のものではなく、
少なくても1か月以上、長ければ数年に渡って症状が続くもの
を精神生理性不眠症としています。

なりやすい人の特徴

眠ろうと意識すると体が硬く緊張し、
ベッドに入るだけで緊張するという人もいます。

 

精神生理性不眠症の人は、
神経質な人や心配性の人、完璧主義な人が多いと言われており、
実生活で手抜きをせず、有能な人にも多く見られます。

 

睡眠はとても大切だという意識を持っており、
眠れないと体に悪いという考えを持っていることが多く、
そのため、眠れないことに不安を覚えます。

 

寝ながら考え事をしてしまう人もこのタイプの不眠症になりやすく、
寝ようとしているのに頭が働きすぎ、目が冴えてしまいます。

 

脳が興奮状態になり、どんどん寝つきが悪くなってしまうのです。

 

ベッドに入っても睡眠時間以外に時間を使うことに慣れてしまって、
長くベッドの上で時間を過ごしてしまい、
睡眠効率が悪いのが特徴です。

 

眠りを意識すると眠れなくなりますが、
単純作業をしているときや、
リビングなどベッド以外の場所でなら眠れるというのも特徴です。

 

「眠らなければ」という意識が働く夜より、
昼間のほうが眠りやすいという傾向も見られます。

 

このうように、精神生理性不眠症の人は、眠りに対するこだわりが強く、
睡眠に過敏になっています。

 

眠れないことに恐怖心さえ抱いており、
睡眠に強く囚われている状態です。

眠れないときは眠るのをやめる

眠れないことよりも、
むしろ眠ることへの強い囚われが病気の本質であり、
まずは「睡眠をとらないと大変なことになる」
という思い込みから自分を解放することが必要です。

 

「眠れなくても大丈夫」「眠れない時間を有効に使おう」などと、
眠れないことの受け止め方を変えるのです。

 

眠れないときは一度寝室を出て、別のことをしてみましょう。

 

リビングで読書をしたり、単純作業をして過ごしてみます。
このとき、なるべく部屋の明かりは強くしすぎず、
読書灯をつけるなどに留めておきます。

 

パソコンをしたりテレビを見るなど、
脳を興奮させるようなことは避けたほうがいいでしょう。

 

寝付けない日はこのような行動をする、ということを繰り返すうちに、
徐々に眠ることへのこだわり、囚われから解放され、
自分なりの眠る前の習慣ができてくるはずです。

関連ページ

逆説性不眠症って何?
逆説性不眠症とはどういう人をいうのか。改善の仕方について、わかりやすくまとめてみました。
特発性不眠症って何?
特発性不眠症の症状とはどんな感じなのか。原因と改善について。
睡眠の質があがらない原因について
睡眠の質を低下させる原因は何か、上げるにはどうするべきかについて。
小児期の行動性不眠症とは?
小さな子供の、睡眠障害や不眠症について。
致死性家族性不眠症って何?
致死性家族性不眠症とはどれだけ恐ろしい病気かについて。プリオンという悪性のタンパク質について。
むずむず脚症候群って何?
むずむず脚症候群とはなにか、原因や治療薬について。
中途覚醒とはどんなタイプ?
不眠症の1つの中途覚醒とはどんなタイプをいうのか、改善方法について。
早朝覚醒を改善する方法
早朝覚醒の原因と対策・改善について。

最新記事

朝が苦手という人には