ルナハーブについて

ルナハーブは、薬ではなく植物由来のハーブサプリメントです。
マイスターシャーレ
睡眠薬と違って日中に眠くなって事故を起こす危険もないし、
依存性や副作用の心配もないのが良いところです。

 

睡眠薬は、その場しのぎのもので、
根本から改善してくれるものではありません。

 

だんだん強い薬じゃないと効かなくなり、身体への負担も
大きくなってきます。

 

こちらで使用されているハーブの質は、
インドの伝統的アーユルヴェーダ医学で愛用されてきたハーブ
「バコナイズ=バコパ」
という植物エキスを主に使用しています。

 

ルナハーブ

 

バコナイズ(バコパ モンニエリ バコナイズ)というハーブは
睡くなるために必要なセロトニンの分泌を促してくれる働きがあります。

 

質の良い睡眠のために摂りたい注目されるハーブの一種です。

バコナイズ(バコパ)とは

このハーブのすごいところは、
睡眠効果のほかにも効果効能の幅が広く、
脳の酸化を防ぎ、記憶力や集中力を高め、脳に関する認知分野、
心を落ち着かせる、解熱鎮痛、抗てんかん効果もあり、
広い分野で期待されるハーブでもあります。

 

脳の細胞に届くためには関所となる血液脳関門という
厳しい検査所を通過する必要があります。

 

たとえば、酸化防止に良いと言われる、
抗酸化物質のビタミンCは分子が大きすぎて通過できません。
バコナイズ
通過できる物質がわずかなため、
認知分野の治療がなかなか進みませんでしたが、
最近、細胞をよみがえらす水素が通過できることがわかり
期待され始めています。

 

そんな血液脳関門を通れる、とても希少なハーブを使用。

 

他にも、睡眠をサポートする「ゼンブリン」「ラフマ」「バレリアン」
「セントジョーンズワート」を始め昔から愛用されてきた
16種類の天然植物成分が配合されているのも魅力的です。

 

ルナハーブは厚生労働省のGMP認定工場で作られていて、
品質の面でも安心です。
現在は、お試し価格で試せるようです。

 

迷っているなら、この期間に試してはいかがでしょうか。

アーユルヴェーダって?

アーユルヴェーダとは、古代インドで5千年以上も前に、
病気をなくし、人々の健康を守り、
長生きを可能にするインドの伝承医学です。
アーユルヴェーダ
アーユルヴェーダ医学が目指すものは、
「病人の病気の治療と健康な人がより健康に」で
治療医学と予防医学の両方を含んでいます。

 

現代の医学や治療法に影響を与え、現在も、
時代の変化とともに進化し続けています。

 

最近の日本では、予防医学に位置する、
アーユルヴェーダのヨガやアロマオイルマッサージも増えていますね。
アーユルヴェーダオイル

 

そんなインドの代替医療として愛されているハーブを
日頃から取り入れることで、
質の良い睡眠を目指すのもよいでしょう。

 

根本から不眠を改善すれば、体も元気になってくると思います。

関連ページ

月の休息で不眠症を解消
月の休息が不眠症の解消にどう役立つのかについて。
セロトアルファ大麦発酵酵素で不眠症を解消
セロトアルファ大麦発酵酵素が不眠症解消にどう役立つサプリメントなのかについて。
マインドガードDXで不眠症を解消するなら粒とどっち?
マインドガードDXが不眠症に良いと言われる理由は何か。成分の特徴、飲料と粒の違いについて。
グッスミンで不眠症の解消
グッスミンが不眠症の解消にどう役立つのかについて。
不眠症に効く食べ物ってなに?
不眠症に効く食べ物はなにか。どんな成分を摂るようにすればよいのかについて。

最新記事

朝が苦手という人には