不眠症に効く食べ物

不眠症に効く食べ物を、できるだけ意識して摂るために、
何を食べればよいのでしょうか。

 

まず、食材を意識する前に、
どんな成分を摂る必要があるのかを知っておきます。

 

睡眠を改善するためには、メラトニンというホルモンの分泌が必要です。

 

メラトニンには、
副交感神経を優位にして気持ちを落ち着かせる作用や、
体の深部の温度を下げる作用があり、
それによって、体は睡眠に適した状態になります。

 

メラトニンがうまく分泌されなけでば、
体は興奮し、脳は覚醒状態になってしまいます。

 

メラトニンは普通、夜寝る前になると多く分泌されますが、
生活リズムの乱れなどにより、
寝る時間になってもその分泌量が増えない場合もあります。

 

メラトニンの分泌を即すためには、セロトニンを増やすことが必要です。

 

脳内物質であるセロトニンは、メラトニンの材料となるものなのです。
そして、さらにそのセロトニンの材料となるものが、
必須アミノ酸である「トリプトファン」です。

 

実はトリプトファンは体内では生成されず、
食品から補うしかないのです。

食べたい食材

トリプトファンが多く含まれているのは、どのような食材なのでしょうか。
まず、肉類や魚類、納豆、豆類などに多く含まれています。

 

ダイエットのためにタンパク質を減らす人もいますが、
これは不眠を悪化させます。

 

また、米や小麦、とくにパスタや蕎麦などの主食にも多く含まれており、
炭水化物抜きダイエットをしている人は要注意です。

 

ナッツ類(くるみ・マカダミア・アーモンドほか)や、
チーズにも多く含まれているので、積極的に食べるといいでしょう。
果物の中では、バナナに多く含まれています。

 

トリプトファンと同じアミノ酸の中でも、休息アミノ酸とも言われている
グリシンを摂取するのも効果的です。

 

グリシンは、エビやウニ、ホタテやズワイガニ、マグロなどの魚類、
特に甲殻類に多く含まれています。

 

積極的に摂取するのは大切ですが、バランスの良い食事をしていれば、
十分に必要量が摂取できるはずです。

 

すっぱい食べ物や苦い食べ物、辛い物など、
それだけで食べると食べにくいような食べ物も、
自律神経を整える作用があります。

 

例えば、ゴーヤやウコン(ターメリック)やサフラン、わさびやからしなど
苦味や刺激がある食品や、
梅干しやかんきつ類などのすっぱい食べ物などです。

 

これらを口にすると、血行が促進され、
交感神経が優位に働いていた体が副交感神経優位に傾きます。
自律神経の乱れによる不眠には、効果的な食べ物です。

 

眠る1時間〜1時間半前に、
ホットミルク・ホット豆乳を飲むと穏やかな眠気をさそうといいます。

 

このような、不眠に効果があると言われる食品を
積極的に食べることも大切ですが、
これらは、普段からバランスの良い食事をしていれば、
十分に必要量を摂取することができます。

 

ダイエットで食事制限をしている人で、不眠の症状がある場合は、
食事のバランスに不眠の原因がある可能性があります。
栄養バランスの取れた食事を心がけ、不眠を克服しましょう。

関連ページ

不眠症サプリのルナハーブとは?
不眠症サプリメントのルナハーブについて。
月の休息で不眠症を解消
月の休息が不眠症の解消にどう役立つのかについて。
セロトアルファ大麦発酵酵素で不眠症を解消
セロトアルファ大麦発酵酵素が不眠症解消にどう役立つサプリメントなのかについて。
マインドガードDXで不眠症を解消するなら粒とどっち?
マインドガードDXが不眠症に良いと言われる理由は何か。成分の特徴、飲料と粒の違いについて。
グッスミンで不眠症の解消
グッスミンが不眠症の解消にどう役立つのかについて。

最新記事

朝が苦手という人には