妊婦の不眠症について

妊婦の不眠は、安易に薬に頼ることもできないため
悩まされる人が多いのではないでしょうか。

 

妊娠すると、睡眠障害を起こしやすくなります。

 

これは妊娠によるホルモンの分泌が原因で、
妊娠初期は過眠、妊娠後期は不眠の症状が出やすくなります。

 

このような妊娠による睡眠障害は
まとめて「妊娠随伴睡眠障害」と呼ばれています。

 

女性は、常に「プロゲステロン」と「エストロゲン」という
ふたつのホルモンを分泌しています。

 

そして、どちらのホルモンが多くなるか、
均衡をもってして身体に変化を起こしています。

 

まず、プロゲステロンには体を休ませる作用があり、
眠気を誘う作用もあります。

 

夜の睡眠量を増やすとともに、
それだけでは足りず昼間も眠くなったりします。
また、いくら寝ても眠いという状態になることもあります。

 

妊娠初期の3か月ほどは、
このプロゲステロンの分泌が多くなります。
そのため、妊娠初期は過眠が起こりやすくなるのです。

 

ですが、基礎体温が高いため、
熱くて眠りの質が下がる場合もあります。

 

夜しっかり眠っていても、昼間に眠気に襲われることもよくあります。
これは、出産という体力を使う仕事に備えて、
体を休ませるためであると言われています。

 

可能であれば、昼間に短時間の仮眠をとるようにするといいでしょう。

 

その後、妊娠6か月頃にはプロゲステロンの生産は落ち着き、
過眠の症状は治まります。

 

適度な運動で疲労すると眠りをさそうこともできます。

ホルモンバランスの変化を受け入れる

そして、妊娠9か月頃の妊娠後期にさしかかると、
今度はエストロゲンの分泌が増えてきます。
妊娠初期に増えたプロゲステロンの分泌量は激減します。

 

エストロゲンには睡眠を浅くする作用があり、夜になっても眠くならない、
布団に入っても寝付けない、また、途中で目が覚めてしまうなど、
不眠の症状を招きます。

 

このような体の変化は、
赤ちゃんの夜泣きなどに備えて体が準備しているという説も。
変化を受け入れることで、ストレスも減ります。

 

また、ホルモンの影響以外にも、
妊娠後期は脚がつりやすくなったり、頻尿になったりと、
夜中に目覚めやすくなる要因があります。

 

また、中高年に多いとされる「むずむず脚症候群」は
妊婦にも起こることがあり、不眠の原因になります。

 

脚を動かし続けていないと、
ふくらはぎなどに深いなむずむず感を感じる辛い症状です。

 

このように、妊娠後期は不眠に悩まされる夜が多くなりますが、
眠れないからと言って部屋を明るくしたり、
テレビやパソコンの光を浴びるとさらに覚醒状態になり、
体内時計が狂ってしまいます。

 

眠れなくてもできるだけ明かりはつけず、
音楽を聴いたり温かい飲み物を飲むなど、心身をリラックスさせましょう。
アロマテラピーなども効果的です。

 

どうしても眠れない場合も、焦ることはありません。
眠れなくても、横になってるだけで身体を休めることはできます。
昼間に時間があれば、過眠するなどするといいでしょう。

 

妊娠中の睡眠障害は自然なことで、深く悩む必要はありません。
自分に合った対処をすることで、上手に付き合ってきましょう。

関連ページ

ストレスで不眠になります。
ストレスはどの不眠タイプにあてはまるのか、原因と対策について。
うつ病の不眠症ってどんな感じ?
うつ病の不眠症は一般的な不眠症とどう違うのかについて。どうすれば改善できるのかについて。
更年期に不眠症になるのはなぜ?
更年期障害で不眠症になるのはなぜか、解消するにはどうすればいいかについて。
禁煙で不眠症から解放される?
禁煙すると不眠症が治るのかについて。
体内時計とは?不眠症との関係について。
体内時計とは何か。不眠症とのかかわりについて。時差ボケを治すコツについて。

最新記事

朝が苦手という人には