更年期と不眠症の関係について

更年期に不眠症に悩まされる人は多いですよね。

 

女性にとって、大きな悩みである避けて通れない更年期障害。

 

更年期障害は40代から50代に見られる症状で、
女性ホルモンや男性ホルモンの減少によって、
身体に様々な不調が起こるものです。

 

更年期障害が起こる年齢も、その症状や度合も人それぞれですが、
ホルモンの減少によって自律神経が乱れるため、
心身ともに何らかの不調が表れる人が多くいます。

 

そして、不眠も更年期障害のひとつの症状として起こりうるものです。
早朝覚醒が多くなり、睡眠が浅くなるのが特徴です。

 

更年期による不眠には、手足の冷えや動悸、多汗など、
更年期障害特有の症状によって起こることもあります。

 

また、年齢を重ねると睡眠時間が前にずれる傾向があり、
更年期は体内時計がズレやすく、
不眠につながるとも考えられています。

 

ホルモンの分泌が減少すると、、自律神経が乱れます。
すると交感神経が活発になりすぎたり、
副交感神経がうまく働かなかったりして、心身がリラックスできない
状態を作ってしまいます。

 

そして脳が覚醒状態になり、不眠に陥ってしまうのです。
自律神経の乱れは、不眠だけではなく、
心身の様々な不調も招きます。

 

更年期障害の不眠は、女性ホルモンのうちでも、
特にプロゲステロンの減少が大きく関係していると考えられます。

 

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン
(黄体ホルモン)があり、
若い人ではこのふたつのホルモンが均衡し、体調を保っています。

 

そのため、更年期になる前でも、
プロゲステロンが多く分泌される生理前に眠くなるなど、
女性ホルモンが女性の体調を左右しているのです。

 

プロゲステロンは体をリラックスさせ、眠くさせる作用を持っています。

 

更年期にこのプロゲステロンが減少してしまうと、
ホルモンの働きによって体を休めることが難しくなり、
なかなか眠気を感じにくくなってしまいます。

更年期を軽くするには

運動を習慣として行っている人は、更年期症状が軽い
と言われています。
運動不足だなと思う方は、
適度な運動で良い疲労を得ることができるので、
結果、眠りをさそうことができますのでお試しください。

 

更年期障害には、漢方やホルモン療法などの治療法があり、
婦人科などを受診のうえで治療していきます。

 

治療によって、
更年期障害もそれによる不眠も改善されることがほとんどですが、
不眠以外の症状は軽減されたのに
不眠だけが治らないという場合は、ストレスや精神的不安など、
更年期以外の流によって不眠になっていることが考えられます。

 

更年期障害の治療以外にも、
睡眠外来など、専門医を受診するといいでしょう。

 

睡眠薬などの処方によって改善されることもあれば、
カウンセリングを重ねることによって改善されることもあります。

関連ページ

ストレスで不眠になります。
ストレスはどの不眠タイプにあてはまるのか、原因と対策について。
うつ病の不眠症ってどんな感じ?
うつ病の不眠症は一般的な不眠症とどう違うのかについて。どうすれば改善できるのかについて。
妊婦が不眠になるのはどうして?
妊娠中に不眠になるのはなぜか、妊婦の不眠症を改善するにはどうすればよいかについて。
禁煙で不眠症から解放される?
禁煙すると不眠症が治るのかについて。
体内時計とは?不眠症との関係について。
体内時計とは何か。不眠症とのかかわりについて。時差ボケを治すコツについて。

最新記事

朝が苦手という人には