不眠症にヨガが効く理由

不眠症にヨガが効くとは、なにがどう効くのか知りたくなり、
調べてみました。

 

まずヨガは、体の調子を整えるのに効果があると言われており、
今では健康のためにヨガを習っている人が多くいます。

 

当、管理人もそのうちの一人で、柔軟性と、
自律神経を整えるためにヨガスタジオヨガスタジオ,LAVA通っていますので
興味があります。

 

ヨガは不眠症、睡眠障害にも効果的だとされ、
実際に、ヨガを初めてから不眠に悩むことがなくなった
という人もいます。

 

確かに、ヨガをはじめてから、睡眠の質はよくなっていますよ。

 

ヨガは古代インドから伝わる修行法で、
今一般的に広まっているのは、
呼吸法や姿勢(ポーズ)を重視して心身を健康に導く、
エクササイズとしてのヨガです。

 

ヨガには、決まった呼吸法や、決まった型の姿勢があり、
呼吸とポーズを合わせて行うことで、心や体を整えます。

 

そして、その呼吸法やポーズは、自律神経を整え、
副交感神経を優位にして
心身をリラックスさせる効果があるのです。

 

日常の生活ではどうしてもストレスを抱えたり
緊張することが多く、そんなときの呼吸は浅いのです。

 

ヨガの呼吸法はお腹で息をする腹式呼吸で、
深く、ゆっくりと呼吸をします。
これも自律神経を整え、リラックスするのに効果的です。

 

寝る前に、口からではなく
鼻から吸って鼻から吐くという呼吸を長くすることを意識し、
お腹から深呼吸をして呼吸を整えるだけでも、
副交感神経が優位に立ち、心身がリラックスモードになります。

 

そして、呼吸に合わせて、様々なポーズをとるとさらによいです。

カギは自律神経に

ヨガのポーズには様々なものがあり、
それぞれのポーズにいろいろな効用があると言われています。

 

ポーズによって、伸びる筋肉の場所も違います。

 

体の中でも、不眠に深く関係するのが背中です。

 

自律神経は背骨に沿って集中しており、
背中を適度に刺激したり、背中の緊張をほぐすことで、
自律神経のバランスが整いやすくなるのです。

 

自律神経のバランスを整えるのは、
眠りをさそう副交感神経の働きを正常にするためです。

不眠に良いヨガポーズ

中でも特に不眠に効果的だと言われているのが
「鋤(すき)のポーズ」です。

 

まず、仰向けで寝ている状態で、両足を揃えます。
両腕も体の両端に伸ばし、手のひらは床、マットに向けます。

 

そして、息を吸いながら両足を天井に持ち上げ、
腰も持ち上げます。

 

肘はマットについたままで、両手で腰を支えます。

 

次に息を吐きながら、両足先を頭の向こうに下ろします。
このとき、骨盤がしっかり持ち上がっていることがポイントです。

 

両腕は足と反対側の床に伸ばし、両手を組みます。
両手でサポートしながら、両腿を天井のほうに持ち上げます。

 

このポーズによって、背中が伸び、
背骨から首までにかけての筋肉のの緊張をほぐします。

 

自律神経は首から腰にかけての背中の部分に集中しているため、
周辺をストレッチして血行を促進することは、
自律神経を整えるのに効果的です。

 

「ワニのポーズ」も、不眠だけではなく、
不安やうつの症状を改善します。

 

ワニにポーズは初心者にも簡単で、
骨盤を整える効果が高いポーズです。

 

骨盤の歪みを取ることで、背骨の歪みも矯正し、
自律神経を整える効果があります。

 

まず、仰向けになった状態で両手を左右に伸ばし、
両膝を立てます。

 

次に、左足の膝の上に右足を乗せます。足の裏全体を、
膝にべたっとつくように乗せましょう。

 

そして、息を吐きながら、膝を倒せるところまで倒します。
同時に、顔は右側に向けます。

 

5呼吸ほどこの状態をキープしたら、元の位置に
足と顔をゆっくり戻し、次は反対も同じ動きを行います。

 

「ワニのポーズ」は「鋤のポーズ」に比べると
日常に取り入れやすい簡単なポーズで、
寝る前や眠れない夜に布団の中で気軽に行えます。

習慣にヨガを取り入れる

普通、寝る前の運動は交感神経を活性化させ、
脳が覚醒するため、不眠の原因となりますが、
呼吸法と合わせたヨガのエクササイズなら、
副交感神経を優位にし、
リラックスできるので、寝る前に行っても大丈夫です。

 

もし眠れない夜があれば、
布団の中であれこれ考え事をして過ごすのではなく、
不眠に効果的とされるヨガのポーズをとって、
リラックスしてみましょう。

 

無理をして激しい動き、無理なポーズをとる必要はありません。

 

ヨガのメソッドを取り入れ、深呼吸して呼吸を整えるだけでも、
また、背伸びをして背中を伸ばすだけでも、
気持ちがリラックスして、眠りやすくなるはずです。

 

また、寝る前でなくとも、日中にヨガに通うのも効果的です。

 

ヨガポーズには正しい呼吸の仕方、足の向き、重心の置き方、
手の位置、顔の向き、視線の位置、力の入れ方、
バランス感覚がいります。

 

未経験なら、DVDなどを見よう見まねでやるよりも
思い切って一度ヨガスタジオLAVAヨガスタジオ,LAVAなどに
通ってみるのもよいでしょう。

 

通うメリットは、
熟知している先生から正しく教わることができ
自分のポーズが良くなければ調整をしてくれます。

 

また、人との共同作業は気持ちも前向きにしてくれます。

 

ヨガは自分と向き合う大切な時間でもあり、
忙しい毎日だからこそ、あえて時間を作るべきなのです。

 

心地よい汗をかき、
リラックスできるとストレスが解消され
不眠症も解消されていきます。

関連ページ

不眠解消グッズについて
不眠症の解消にいい快眠グッズには何があるのか。 布団や枕、カーテンの見直しについて。
雲のやすらぎ敷布団で不眠症解消!
雲のやすらぎのこだわりについて。評判はどうか。 不眠解消にどう役立てるアイテムなのかについて。
自律神経の呼吸法について
不眠症に効果のある自立神経を整える呼吸法について
不眠症のツボはココ!
不眠症に効くツボについて。
不眠のアロマオイルといえばコレ!
不眠によいアロマオイルはどれかについて。

最新記事

朝が苦手という人には