不眠症のツボとマッサージ効果

心得ておきたい不眠症のツボがあります。

 

不眠を薬だけでは解決したくない、という人は、
マッサージやツボ押しにも興味があると思います。

 

特に、体の冷えが原因で眠れない場合や、
筋肉の緊張によって不眠になっている場合は、こういった
ツボ押しやマッサージ法は有効です。

 

低体温や、体の冷えは睡眠の大敵です。
最近は、平熱が36℃以下の低体温の人が増えていると言います。

 

人にとって理想の平熱は36.5℃から37℃で、平熱が35℃台、
もしくはそれ以下の場合、
免疫力が低下して感染症を起こしやすくなったり、
疲れやすくなったりします。

 

ガン細胞も、36℃以下の体温を好みます。

 

低体温によって血行が悪くなると、自律神経のバランスも乱れ、
寝付けなくなるなど、睡眠障害にもつながるのです。

 

体の末端が冷えて寝付けないという人も多いでしょう。
低体温による血行不良は、体の末端まで冷やしてしまいます。

 

低体温を解消するには、しっかり体を動かすことが大切です。
日中適度な運動を続けることは、
低体温の改善にも、不眠の改善にもつながります。

 

運動が大切とは言え、寝る前の激しい運動は、
神経を高ぶらせて覚醒してしまうため、逆効果です。

 

そこで、寝る前には、
リラックスして行えるマッサージで体を温めてみましょう。

このツボを押してみて

首にある「人迎」(じんげい)というツボを押すと、
新陳代謝を活性化し、体が温まります。

 

人迎は、のど仏から左右に1.5pほど離れたところにあります。
両手の指を揃えて、人迎の付近をそっと上下にこすってみましょう。

 

好きな香りのアロマオイルで滑りをよくして
マッサージするのもいいでしょう。

 

筋肉が凝り固まって眠れない場合もあります。
特に、腰回りなど下半身の筋肉が緊張していると、
血行が悪くなり、体も冷えやすくなります。

 

それによって寝つきが悪くなったり、
眠れても疲れがとれなかったりするのです。

 

下半身を締め付けるような衣服を着ないなど、
普段から気を付けるべきですが、
筋肉の緊張に効くツボも試してみましょう。

 

腰の両端、大腿骨の少し後ろにあるツボを、
「環跳」(かんちょう)と言います。

 

体育座りをした状態でそのあたりを押すと、
軽い痛みを感じるツボがわかるはずです。

 

環跳を30秒ほど、もみほぐすように指圧してみましょう。
また、太ももとお腹の境にあるしわの中心部分にあるツボ
「衝門」(しょうもん)も同じように、指圧してみてください。

 

そして、頭には不眠や頭痛、肩こりなどのツボが多く存在しています。
美容室などでヘッドスパをしたことがある人は、
施術中つい眠ってしまったという人も多いのではないでしょうか。

 

頭をマッサージしただけで、体が軽くなることもあります。
自分でヘッドマッサージをするだけでも、
全身がリラックスして眠りやすくなります。

 

まずは両手の指を髪の生え際に当て、
指先に力を入れて頭頂部まで押し上げ、
まんべんなくマッサージします。

 

次に、両手の指で生え際から頭頂部まで、
なでるように優しくマッサージします。

 

最後に、頭頂部から両手の指先で、
リズミカルに軽く頭を叩いていきます。

 

10本の指を使って、まんべんなくリズミカルにマッサージしましょう。

血行を良くするマッサージ

手足など、末端の冷えには、
手の爪の生え際をもみほぐすマッサージが効果的です。
血流を促すとともに、自律神経を整える効果も期待できます。

 

また、お腹の周りを時計周りに軽くこするのも、体温を上げ、
安眠効果を得ることができます。

 

腸を温めると体温を高めることができます。
マッサージによって温めるのもいいですし、
寝る前に温かいカフェインレスの飲み物を飲むのもおすすめです。

 

血行不良を改善して寝つきをよくするために、
足首の体操も効果的です。

 

足首を動かすことで、股関節の周辺や仙骨、
腰椎などに振動が伝わり、背中に通っている自律神経を刺激して
血行を促進し、自律神経に働きかけることができます。

 

仰向けになった状態で、足を肩幅くらいに開きます。
そして、足の先を「逆ハの字」になるように広げます。

 

次に、今度は足先が「ハの字」になるように閉じます。
この動きをゆっくりと、1日3分くらい続けてみましょう。

 

このようなマッサージを、入浴後や寝る前に習慣化してみましょう。
また、眠れない時に一度布団を出て、
マッサージをしてリラックスするのもおすすめです。

関連ページ

不眠解消グッズについて
不眠症の解消にいい快眠グッズには何があるのか。 布団や枕、カーテンの見直しについて。
雲のやすらぎ敷布団で不眠症解消!
雲のやすらぎのこだわりについて。評判はどうか。 不眠解消にどう役立てるアイテムなのかについて。
不眠症にヨガが効くのはなぜ?
不眠症解消にヨガが効くのはなぜか。どのヨガポーズが効くのかについて。
自律神経の呼吸法について
不眠症に効果のある自立神経を整える呼吸法について
不眠のアロマオイルといえばコレ!
不眠によいアロマオイルはどれかについて。

最新記事

朝が苦手という人には