雲の安らぎってどんな敷布団?

雲の安らぎは質の良い睡眠を得ることができる
敷布団だと評判です。

 

寝具の選び方がとても重要だと言う事は、前章でお伝えしました。

 

最近は、ホームセンターなどでも
安価な布団が手に入るようになっていますが、
不眠症の人にとっては、体に合わない布団で寝ることが、
リスクが高く、不眠の原因となっていることもあるので注意しましょう。

 

体に良い敷布団は、
適度な硬さで、体重を分散させることができる布団です。

 

体の一部分に体重がかかると、その部分に負担がかかり、
痛みの原因になってしまうからです。

 

さらに寝心地のためには、冬はしっかり保温してくれ、
夏は通気性が良い布団が望ましいです。

 

このような条件を満たしている人気の布団が
雲のやすらぎ雲のやすらぎ」という敷布団です。

 

雲のやすらぎは、その名の通り、雲の上で寝ているかのように、
体に負担がかからない敷布団なので
質の高い睡眠をとるための必須アイテムの1つともいえます。

 

その寝心地のよさから、フットサル選手など、
多くのアスリートからも支持されています。

 

平均1日の3分の1は寝て過ごすことになりますから、
質選びは大切なことです。

雲のやすらぎの特徴

 

雲のやすらぎの特徴は、体重による圧力を拡散してくれる
「クロスクラウド製法」にあるようです。

 

クロスクラウド製法は、縦の繊維と横の繊維を交差させた製法で、
縦の繊維で点状に負担を支え、横の繊維で体圧を逃す仕組みです。

 

雲のやすらぎは厚さ17cmと厚く、5層構造でできています。

 

6cmのスプレッドマットの両面を、3.5cmの凹凸アルファマットではさみ、
さらに、春夏用の面、
秋冬用のダウンでできた面それぞれ2cmで覆っています。

 

凹凸マットによって点で体全体を差さえ、圧力を分散し、
スプレッドマットの横の繊維によって、その圧力を逃がしているのです。

 

雲のやすらぎは春夏用、秋冬用のリバーシブルになっています。

 

掛け布団は季節によって替えることが多いでしょうが、
敷布団は通年同じものを使うことがほとんどのはずですから、
すごいと思いませんか?

 

そして雲のやすらぎは、季節によって使いわけることができるため、
気温に応じた眠りやすさを追求することができます。

 

春夏用の面は防ダニ使用で、通気性にづぐれたマイティトップU、
秋冬用の面は、フランス産の羊毛、
ロレーヌダウンを使った暖かいマットです。

 

体感温度も、寝つきには大きく関係するので、
季節によって使い分けられる敷布団は快眠効果が高い
と言えることがわかると思います。

カラダに良い敷布団とは?

心地よく眠り、しっかり体を休めるためには、
特に敷布団が体に合っているかがカギになります。

 

敷布団は、硬すぎても柔らかすぎてもいけません。
硬すぎる布団は、
体の同じ部分に負担がかかり、筋肉を緊張させてしまいます。

 

寝苦しく、起きたときに体が痛いと感じることもあります。

 

反対に柔らかすぎる布団も体にはよくありません。

 

腰や頭が沈みすぎて、
腰に負担がかかり、腰痛や肩こりの原因となってしまいます。

 

知らない人も以外に多かったりしますが、
このように、体に合わない布団で眠ることは、
寝つきや眠りの質を悪くする
だけではなく、かえって体を疲れさせてしまうのです。

 

「不眠で眠れない」という人は、一度見直してみるとよいでしょう。

 

朝起きて体が痛い人や、熟睡感が得られない人、
毎晩寝付けない、寝苦しいという人は、
布団が体に合っていない可能性も高いです。

 

体をしっかり支えてくれる、
雲のやすらぎ雲のやすらぎを体験してみてはどうでしょうか。

関連ページ

不眠解消グッズについて
不眠症の解消にいい快眠グッズには何があるのか。 布団や枕、カーテンの見直しについて。
不眠症にヨガが効くのはなぜ?
不眠症解消にヨガが効くのはなぜか。どのヨガポーズが効くのかについて。
自律神経の呼吸法について
不眠症に効果のある自立神経を整える呼吸法について
不眠症のツボはココ!
不眠症に効くツボについて。
不眠のアロマオイルといえばコレ!
不眠によいアロマオイルはどれかについて。

最新記事

朝が苦手という人には