睡眠導入剤の市販薬について

睡眠導入剤の市販薬に頼ってみようかと考えたとき
どれが効くのか、副作用は大丈夫か、気になることがでてきますね。

 

不眠に悩む人の中には、睡眠薬を服用したことがある人、また、
睡眠薬の服用を、これから考えている人もいるでしょう。

 

市販されている睡眠薬も多くありますし、医師に処方される
睡眠薬もあります。

 

睡眠薬というと、副作用があって危険だ
というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、
実際は睡眠薬とはどのようなものなのでしょうか。

睡眠薬の種類

睡眠薬と呼ばれているものには、
「睡眠改善薬」と「睡眠導入剤」の2種類があります。

 

通常、市販されているものには睡眠改善薬に分類されるものが多く、
「ドリエル」「プロリズム」「ドリーネン」「ネオディ」などは睡眠改善薬です。

 

これらの睡眠改善薬は、
抗ヒスタミン薬の副作用である催眠作用を利用したもので、
眠気を促す効果があります。

 

抗ヒスタミン薬は、
花粉症などアレルギー症状を抑えるために使われたり、
風邪薬として使われたり、
乗り物酔いの酔い止め薬として使われています。

 

これらの薬を飲んで眠気を催したことがある人は多いはずです。
この副作用を睡眠を改善する薬として利用しているのです。

 

睡眠改善薬は、用法・容量を守って適切に服用する限り、
重い副作用はありません。

 

なので、危険だと恐れるような薬ではないのですが、
睡眠障害を根本的に解決してくれる薬でもありません。

 

長期的に服用するのにも適しておらず、
一時的に、また緊急的に服用するためのものです。

 

例えば、緊張などで眠れない夜や、時差ボケの改善のために
一時的に利用するのには効果的ですが、
慢性的な睡眠障害、不眠症は改善することはできません。
むしろ逆効果になることもあります。

 

一時的な睡眠不足を改善するために服用する際でも、
注意しておきたい点があります。

副作用

睡眠改善薬を服用すると、眠りが浅くなりがちで、
イライラしやすくなったり、日中も眠気が襲うこともあり、
車の運転などには注意が必要です。

 

起きたときに頭痛を伴うこともあります。

 

このような少々の副作用を除けば、
緊急的に不眠を改善するのには効果的な薬です。

 

睡眠リズムが崩れてしまわないうちに、
一時的に服用するのは不眠症防止に役立つでしょう。

 

睡眠不足が1か月以上続いている場合や、
うつ病の兆候が伴う不眠の場合、睡眠改善薬の服用は中止して、
医師に相談しましょう。

 

睡眠改善薬は、眠れない原因を根本的に改善するものではなく、
睡眠障害、不眠症を完治させるものでもありません。

 

あくまで、根本的な原因を改善するまでの一時的な対処であり、
睡眠の補助として使うべきものです。

 

不眠の原因をつきとめ、根本的な解決を図る必要があります。
原因をつきとめ、改善するまでの助けとして、
有効に薬を服用できれば、不眠の改善に役立つでしょう。

関連ページ

睡眠薬ハルシオンが有効な不眠症のタイプ
睡眠薬ハルシオが有効な不眠症のタイプについて。作用時間、副作用,特徴と注意点について。
不眠症外来のある病院はココ!
不眠症外来のある病院について。近くになかったら何科で代用できるのかについて。
不眠症に効く漢方と効果について
不眠症に効く漢方と効果について。選び方について。合う合わないについて。睡眠導入剤との違いについて。

最新記事

朝が苦手という人には