不眠症外来のある病院

不眠症外来のある病院の中でも、
専門の認定医が在籍している病院に受診したいと考えている人は
日本睡眠学会のホームページに掲載されている病院へ
受診されてみるとよいと思います。

 

睡眠を専門としている外来を「睡眠外来」とも呼んでいます。

 

日本睡眠学会という睡眠医療の学会では、
睡眠障害についての知識や経験を持っている医師を認定しています。

 

日本睡眠学会のホームページには、
認定医と認定医の診察が受けられる医療機関の一覧が
掲載されているので、
近隣に認定医療機関がないかどうか確認してみましょう。

 

不眠症外来のある病院/一覧

 

来院の際は、認定医が移動や休暇でいなかった
ということがないように、
事前に電話で在籍と出席曜日を確認しておくとバッチリです。

 

また、もし電話予約が可能なら、同時にしておくと便利ですね。

不眠症外来がなければ何科?

不眠症外来が近くにないから
眠れないからと言って自己判断で睡眠薬を服用し続けると、
薬を飲まなければ眠れないという依存状態になり、
さらに症状を悪化させる危険性があります。

 

生活習慣の改善によっても克服できない不眠症の場合、
医師への相談が必要なケースがあります。

 

また、不眠にはうつ病や不安障害、睡眠時無呼吸症候群など、
ほかの病気が関係していることもあり、
不眠の原因や種類によっても受診する科が違うことがあります。

 

ひそんでいる原因によって、
専門の科があるので、適切に受診することで、
効果的な治療を受けられます。

 

体に不調があれば誰でも気軽に受診できる科としては、
内科や神経内科などがあり、不眠に悩んでいる人も、
まずは近くの内科に相談してみようと受診することが多くあります。

 

ですが、通常内科では睡眠に関する症状は専門としておらず、
誤診される可能性もあります。

 

とりあえず睡眠薬や安定剤を処方されて、
薬によって強制的に入眠するという方法を重ねることになります。

 

ひとまずはそれでいいというレベルではなく
不眠を根本的に治療したいと思うのなら、多少遠かったり
通うのが不便でも、これ以外の科の受診を考えましょう。

睡眠外来の精密検査

睡眠外来では、睡眠ポリグラフィなどを用い、
脳波を測定するなどして
睡眠にまつわる精密な検査を受けることができます。

 

概日(がいじつ)リズム障害などを調べるには有効な方法です。

 

また、眠れているのに、
自分は不眠だと思い込んでしまう逆説性不眠などの場合、
睡眠ポリグラフィによる客観的な睡眠データを知ることで
改善されることがあります。

 

眠れないことについて心配するあまり
不眠になってしまう精神生理性不眠症には、
認知行動療法が有効です。

 

認知行動療法による不眠治療が得意な機関を受診することで、
有効に治療することができるでしょう。

 

また、睡眠外来の中には睡眠時無呼吸症候群や
いびきなどの呼吸障害について専門的に診てくれる機関もあります。
自分に合った病院を見つけて、効果的な治療を受けましょう。

うつ更年期を併発の受診科はこっち

不眠によってうつ病を併発している場合、
また、うつ病や不安障害によって不眠に陥っている場合は、
不眠外来ではなく心療内科を受診しましょう。

 

更年期障害による不眠も、ホルモン治療が有効になるので、
まずは婦人科を受診するといいでしょう。

 

更年期障害が改善されたのに不眠の問題だけが解消されない
場合は睡眠外来の受診を検討しましょう。

 

というように、現在通院している科で、
治療回復が思わしくなければ、受診を見直すことも大切です。

 

他の病院の同じ科で、
セカンドオピニオンをお願いしてみるのも方法の1つです。

 

これは、医者によって治療方法が違うため、どの治療方法が
自分に一番合っているのか
みつけることができる手段の1つでもあります。

 

近年はインターネットの普及によって、
近隣の睡眠外来が探しやすくなりました。

 

自分の症状に対して適切な医療機関を選ぶことで、
有効な治療を受けることができます。

関連ページ

睡眠薬ハルシオンが有効な不眠症のタイプ
睡眠薬ハルシオが有効な不眠症のタイプについて。作用時間、副作用,特徴と注意点について。
睡眠導入剤 市販の副作用のレベルは?
睡眠導入剤 市販薬の副作用と注意点について。
不眠症に効く漢方と効果について
不眠症に効く漢方と効果について。選び方について。合う合わないについて。睡眠導入剤との違いについて。

最新記事

朝が苦手という人には