不眠症の薬と睡眠導入剤について

不眠症の薬や睡眠導入剤は、治療に使われることがよくあります。

 

重度の不眠や、
睡眠負債がたまっているにも関わらず自力では眠れない場合、
一時的に睡眠薬を使って眠り、
睡眠負債を解消することが必要になります。

 

また、時差ボケや、緊張によって眠れないなど、
不眠の理由が一時的な場合も、
睡眠リズムをこれ以上狂わせないために
緊急的に薬を服用することが有効になります。

 

薬によって不眠を改善する場合、
依存性の低い薬を使い、後で止めやすくすることがポイントです。

 

現在、よく服用されている睡眠薬は、市販されている睡眠改善薬や
漢方、また、医師によって処方されることが多い、睡眠導入剤です。

 

最近の睡眠導入剤はベンゾジアゼピン系の薬で、
以前よく処方されていた依存性の高い薬に比べると安全で、
依存性が低いものです。

 

睡眠薬と聞くと、依存してしまいそう、副作用がひどそうと、
心配になる人もいますが、
よく処方されている睡眠導入剤は重大な副作用はないとされています。

 

ベンゾジアゼピン系の薬は、人の情緒を司る大脳辺縁系に働きかけ、
不安を抑え、睡眠に導入する効果を持っています。

 

依存性はほぼないとされている薬でも
服用し続けると体に耐性ができ、より多くの内服量が必要になります。

 

内服量が増えると、目覚めてからも薬の作用が続き、
日中でも眠気が襲うなど、問題が生じます。
用法、用量を守り、あくまでも一時的な服用を心がけましょう。

徐々にやめていく

ただし、ベンゾジアゼピン系の薬を急に止めようとすると、
全く眠れなくなったり、不安に襲われることがあります。

 

薬剤を急に中止することで、血中の濃度が急激に低下し、
リバウンドして不眠になってしまうのです。

 

ベンゾジアゼピン系の薬は徐々に量を減らしていき、その量に慣れたら
さらに薬を減らすといったように、
微調整しながら減量しなければなりません。

 

医師に処方される薬なので、
自己判断ではなく、医師の指示のもと服用量を決め、守りましょう。

 

睡眠薬は、不眠の根本を治療するものではなく、
あくまで一時的な対処として服用するものです。

 

睡眠薬を選ぶ際は、できるだけ依存性がないものを服用しましょう。

 

副作用の心配があまりない漢方にも、
不眠に効果的なものがあります。

 

抑汗散(よくかんさん)や酸棗仁湯(さんそうにんとう)などの漢方は
催眠作用があり、使いやすいと言われています。

 

高齢者が睡眠薬を服用する場合、
副作用のふらつきによって転倒することも考えられるので、
漢方で自分に効果があるのなら漢方の服用が安心です。

不眠症の薬と睡眠導入剤で注意したいこと記事一覧

睡眠薬ハルシオンは睡眠導入剤の中でも、安全性が高いとされていて、広く用いられいます。ハルシオンはベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤で、人の情動に働きかける大脳辺縁系に働きかけ、不安や緊張をほぐして睡眠に導入する薬です。医師によって処方される薬で、市販はされていません。副作用や依存性が比較的低く、一時的な不眠に効果をもたらします。作用時間は短時間で、2〜4時間ほどで、効果は消失、半減します。そのため、寝...

睡眠導入剤の市販薬に頼ってみようかと考えたときどれが効くのか、副作用は大丈夫か、気になることがでてきますね。不眠に悩む人の中には、睡眠薬を服用したことがある人、また、睡眠薬の服用を、これから考えている人もいるでしょう。市販されている睡眠薬も多くありますし、医師に処方される睡眠薬もあります。睡眠薬というと、副作用があって危険だというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実際は睡眠薬とはどのよ...

不眠症外来のある病院の中でも、専門の認定医が在籍している病院に受診したいと考えている人は日本睡眠学会のホームページに掲載されている病院へ受診されてみるとよいと思います。睡眠を専門としている外来を「睡眠外来」とも呼んでいます。日本睡眠学会という睡眠医療の学会では、睡眠障害についての知識や経験を持っている医師を認定しています。日本睡眠学会のホームページには、認定医と認定医の診察が受けられる医療機関の一...

不眠症で漢方を飲む方は、不眠症、睡眠障害の改善のために一時的に睡眠薬を服用することもありますが、副作用が心配な人が多いのではないでしょうか。最近の睡眠薬は、かつてのものと比べて副作用も軽く、依存性も少ないと言われていますが、それでも日中の眠気や倦怠感、ふらつきなどの副作用が現れることがあります。特に高齢者は、睡眠薬の副作用によって足元がふらつき、転倒してしまう恐れがあります。実際、私の薬局にこられ...


最新記事

朝が苦手という人には