不眠症を治す方法

不眠症の治し方を正しく知り、
必要なコトをキチンと取り入れて、原因となる不要なことは取り除き
実践していくことで治療に効果をもたらします。

 

私たちは、人生のうち、実に3分の1を眠って過ごしています。

 

睡眠は、脳と体を休めるための大切な営みであり、
睡眠がうまくとれないと、心身に様々な不調を来します。

 

睡眠時間は、喫煙や血圧、
コレステロールなどの生活習慣病よりも
死亡率と強く結びついているとも考えられており、
慢性的な睡眠不足は
命に関わるほどの健康被害を起こすことがあります。

 

また、睡眠不足は脳の機能にも大きく影響し、
集中力の不足や気力の低下を招き、うつ病を起こしてしまうことも。

 

睡眠がしっかりとれていないことで、大きな事故を起こすこともあります。
人が生きていくうえで、質の良い睡眠は欠かせません。

 

ところが近年、ストレスや、深夜に働く人が増えたこともあって、
不眠に悩む人が増えており、
日本人の5人に1人が不眠を自覚していると言います。

 

不眠の人が増えると、交通事故が増加したり、
うつ病患者が増加したり、また、朝起きられないことによって
不登校になる学生も増えてしまうことが予想されます。

 

不眠は個人の健康のための問題だけではなく、
社会的な問題に関わってくるのです。

 

重大な問題も引き起こしかねない不眠という問題ですが、
不眠は治すことができます。

ノンレム睡眠について

睡眠薬に頼らなければ眠れないという人もいますが、
睡眠の原理を知ると、
睡眠をコントロールすることができるようになります。

 

「レム睡眠」「ノンレム睡眠」という言葉を聞いたことがありますか。

 

「レム睡眠」は浅い眠り、「ノンレム睡眠」は深い眠りで、
このふたつを90分単位で繰り返しています。

 

人は、寝付く時にはぐっと深い眠りのノンレム睡眠に入ります。
疲れているときや睡眠不足の時は
このノンレム睡眠が長くなることが分っています。

 

ノンレム睡眠の間は成長ホルモンが盛んに分泌され、
免疫機能にも関係していると考えられています。

 

ノンレム睡眠が90分ほど続くと、脳波は覚醒状態に近くなり、
目は閉じていても眼球が動きます。
これがレム睡眠で、夢を見たりもします。

 

レム睡眠中、交感神経は完全に休み、筋肉の緊張が緩みます。

 

脳は覚醒に近づいていて、
記憶の整理が行われていると考えられています。

 

悪い記憶を薄めるような作業もされているため、
嫌なことも一晩寝ると忘れられたといった経験を持っている人も
多いのではないでしょうか。

 

このようなふたつの睡眠を、私たちは一晩に4〜5回繰り返しています。

 

ノンレム睡眠とレム睡眠を何度か繰り返すことで、体と脳を休め、
回復させることができるのです。

 

普通、起きる前はレム睡眠が長くなっているものです。

 

ノンレム睡眠とレム睡眠が90分サイクルで巡っていることを知っておき、
覚醒に近づくレム睡眠が訪れるタイミングに起床時間を設定することで、
すっきりと目覚めることができます。

日常生活の注意点

また、目覚めた時に光を浴びることで、
体内時計を正常に働かせることができます。

 

寝付くことが難しく、
毎晩布団に入ってからも眠れない時間を過ごしてしまう人は、
知らず知らず睡眠の妨げとなることをしてしまっている場合があります。

 

代表的なものとして、コーヒーなどカフェインの摂取があります。

 

寝る前のカフェインを控えるだけではなく、
夕方以降のカフェインは控えましょう。

 

テレビやパソコンなどの強い光を浴びることも、
脳を覚醒状態にしてしまいます。

 

私たちの体に備わっている体内時計はとても光に敏感です。
できれば部屋の明かりも就寝時間に近づくにつれて暗くし、
強い光を感じないようにしてみましょう。

セロトニンを補うサプリメントの摂取

生活習慣を整え、睡眠に良い行いを心がけても
なかなか睡眠障害が改善されない場合、
セロトニンという神経伝達物質が不足している可能性もあります。

 

セロトニンは睡眠や体温調節、
また、気分障害などの病態に関係していると考えられており、
セロトニンが不足すると睡眠不足やうつ病を起こすことがあります。

 

セロトニンを増やすにはトリプトファンという物質が必要で、
肉やナッツ類、たらこなど、食品からも摂取できます。

 

トリプトファンを含むサプリメントもあるので、
食事の摂取では難しいと感じる人はこういったものを賢く利用する
という方法を選ぶのも1つです。

関連ページ

不眠症の原因は何か、放置するとどうなる?
不眠症の原因は何かについて。放置したままにするとどうなってしまうのか注意すべきことについて。
不眠症の症状にはどんなものが現れますか?
不眠症の症状の現れ方や関わりのある病気について。
不眠症の診断チェック
不眠症の症状にどれくらい当てはまるのか、診断するチェックシート。
不眠症を解消するために役立つコト
不眠症を解消するために役立つポイントについて。
不眠症の対策と改善は簡単にできる事から
今日からできる簡単な不眠症の対策と改善方法。
不眠症を克服するには何が必要か?
不眠症や睡眠障害を克服するには何をすればよいかについて。

最新記事

朝が苦手という人には