不眠症の治し方について正しく知る

不眠症の治し方や改善・解消方法を知る前に原因を把握することが

治療の第1歩となります。

 

まず、あなたは、しっかりと睡眠がとれていますか。

そして、あなたの家族はどうですか。

 

いつもきちんと眠れているという人でも、

興奮して眠れない、環境の変化や生活リズムが狂って眠れないなど、

様々な理由で、時にはなかなか眠れないこともあります。

 

誰でも、何らかの理由で「眠れない」経験をしたことがあるでしょう。

 

特に理由がなくても慢性的に眠れない、

寝つきが悪いと言った不眠症、睡眠障害に悩まされている人も多くおり、

 

今では、日本人の5人のうち1人が不眠症、もしくは、

3人のうち1人が何らかの睡眠障害に悩んでいると言われており、

眠れないと悩む人の中には、

睡眠薬に頼らなければ眠れないという人が多くいます。

 

そんなにいるのかと驚かれたのではないでしょうか。

【スポンサーリンク】

不眠症の症状は複雑です

睡眠について抱えている問題は一人ひとり違います。

夜寝つきにくい人、朝目覚めが悪い人、朝早く目覚め過ぎる人など、様々です。

夜中に何度も目覚めてしまう人もいます。

しっかり眠っているつもりでも、

目覚めが悪く、疲れが取れていないこともあります。

 

自分は神経質だと自覚している人はもちろん、

自分は特に問題はないと思っている人でも、

睡眠の問題が日中の生活に影響を及ぼしていることがあります。

 

睡眠は元気の源であり、日中の活動に大きな影響を与えるものです。

良質な睡眠を取ることで、

昼間のパフォーマンスを向上させることができます。

 

なんだか疲れが取れない、集中力がないといった人は、

睡眠に問題がある場合があります。

人間は、なぜ眠る必要があるのか

 

睡眠は、高度な中枢神経系を持っている生物に発達した現象です。

 

恒温動物の哺乳類や鳥類、そして人間は眠りを必要とする生物で、
発達した大脳皮質を持つ動物だけに、睡眠脳波が認められます。

 

睡眠によって脳を休めることは、
高度な脳を持った私たち人間にとって、とても重要なことです。

 

脳は多くのエネルギーを消費します。
そして、神経細胞の間の伝達のために、神経伝達物質も消費し、
神経細胞が傷ついたり、死滅したりします。

 

これを回復させるためには、睡眠が必要なのです。

 

眠ることによって脳を休ませているうちに、
エネルギーを温存したり、神経伝達物質を蓄えたり、記憶を整理し、
免疫力を回復させたり、神経細胞を回復させたりしているのです。

 

よく睡眠がとれないと、エネルギー不足から疲れやすくなったり、
神経細胞の損傷によってイライラしたり、
集中力を低下させたりしてしまいます。

 

良質な生活を送るには、良質な睡眠が欠かせないのです。

 

また睡眠の問題は、病気のサインになっていることもあります。
慢性的な睡眠不足、睡眠障害によって、
脳や体に影響が及ぶこともあるのです。

 

まずは自分の睡眠について見つめ直し、
質の良い睡眠がとれているかチェックしてみましょう。

 

 

逆に、朝が苦手で起きれないという方には、
コチラのサイトがお役に立つかも。
 ↓↓↓
低血圧を改善する方法


最新記事

朝が苦手という人には